飾り線上 飾り線下

引越しで掃除をするコツ。

引っ越しの掃除のコツは、以下のとおりです。 ・すべての「もの」を箱に詰めてからおこないましょう。 ものをどかして掃除して、また箱に詰めるのは時間の無駄です。 いらないものと持って行くものを分けて、いるものはすべてそのときに箱につめます。なにもなくなった状態のところを、水拭きしたり掃除機をかけたりした方が、効率がいいのです。 ・一カ所ずつ制覇しましょう。 たとえば、洗面所、お風呂、居間のテレビ台付近、キッチンの引き出しの中、というように、カテゴリーを決めて計画的に少しずつやっていくのがポイントです。よく、まとめてやろうとする人がいますが、洗剤のにおいにやられてしまったり、休むことなく熱中してしまい疲れ果ててしまったりします。「引っ越し鬱」という言葉があるように、見通しがたたないとやる気がなくなってしまいます。一つずつ、ロールプレイングゲームの要領で、達成感を感じながらやっていくことがポイントです。
引用

福岡 引越し神戸 引越し

引越しで掃除はどこまでの範囲ですればいいの?

借りている家を掃除する場合、掃除は結構念入りにやってしまいます。なぜなら、汚れを傷だとみなされると、入居のときに払った礼金がかえってこなくなってしまうからです。 なるべく借りたときと同じ状況に近づけて、きれいに使っていたことをアピールするようにしましょう。 また、ごしごしこすったからきれいになるというわけではありません。なるべく評判のいい高価な洗剤などを駆使して、それでも落ちない場合はあきらめるのが、一番効率がいいと思います。よく掃除のし忘れで恥ずかしい思いをするのが、流しと風呂の排水溝です。 ここは長年の水垢がたまってしまいがち。他人の部屋のそれを掃除するのは本当に嫌気がさします。だから、ここは必ず自分で行い、強力な洗剤で水垢や髪の毛などを取り除いておきましょう。" 引越しで作業員にチップ(心づけ)の相場は?渡す必要あるの? "旦那の転勤で引っ越さなければならなくなりました。引っ越し先は決まらないけれど、転勤先が旦那の実家から近かったので、旦那は実家へ自分の荷物だけ持って行きました。 残されたのは私と3歳の娘。やっと引っ越し先が決まり、毎日段ボールに荷物をただひたすら詰めていました。娘は友だちと積み上げられたダンボールに上って遊び、とても楽しそうでした。なんせ、片付かなくて毎日いらいらしていました。 引っ越し当日、まだ段ボールに全ての荷物は入っていませんでした。引っ越しのお兄さんが部屋に入ってきたとき、一言「おくさん、適当にいれていいですか」「お願いします」あっという間に片付きました。それで、無事引っ越し完了。 ついに旦那は一度も手伝いに帰ってきませんでした。実家でのんびりしていた様子です。お義母さんが、「孫は預かっても良かったのよ」と言ったときは、離婚したいと真剣に思いました。 ちなみに作業員の方へはチップは渡していません。ジュースを渡しただけです。お世話になりますの一言を添えて。

引越しの作業員に作業中ジュースとかあげるの?おすすめは?

引越しの作業員さんに何かを振る舞うか…とても迷うところ。高い料金出すのはこちらなんだし、仕事なんだし!と腹黒な自分がつぶやけば、いやいやたかが数百円で気持ち良く仕事してくれたら、結果的にトクするのは自分ですぜ、と天使なのか悪魔なのかわからないもう一人の自分が囁く……ということで、過去3回引越し経験がある私は、毎度コーヒーやお茶の差し入れは欠かしませんでした。寒い冬場の時は、自販機で温かいコーヒーを、初夏の汗ばむときはこれまた自販機で冷たいお茶やスポーツドリンクを、人数??2本ずつくらい、お渡ししました。 ありがとうございます!と言ってもらうと、買うのを躊躇してた自分が恥ずかしくなります…。これが功をなすのか、特にトラブルなく毎回引越し完了してますよ。
飾り線上




Copyright (C) 2014 引越し馬鹿による引越し最先端ニュース All Rights Reserved.